医療用ゴム栓やプラスチック製医療機器、など医療用ゴムの浪華ゴム工業株式会社

お問合わせ

品質保証

当社は1976年(昭和51年)以降 特に医薬品用ゴム栓、プラスチック製医療機器の研究開発と生産拡大 につとめ、GMPに対応した生産、品質管理を実施する工場改革を行って来ました。医薬品や医療機器に最良な高分子素材の研究、配合開発及び先進的な生産技術の導入、製品の安全を確保する品質管理を実践することを最優先課題として取組み、常に顧客本位の御要望に即応する体制を整えた誠実な企業として努力しております。

設備(医薬品用ゴム栓 最終クリーン洗浄包装ライン)
医薬品用ゴム栓の洗浄は抽出、パイロジェン破壊処理を行い、最終洗浄操作は自動洗浄装置によって行います。 自動洗浄装置は薬液循環によるゴム栓攪拌方式で多量のゴム栓が均等処理され、ゴム栓表面への異物付着を防ぐため洗浄用水はUF膜濾過水を使用し、また熱源にPURE STEAMを使用したクリ−ンエアによって乾燥してクリ−ンルーム内で出荷検査、包装作業を行っています。
設備(医薬用ゴム栓 最終クリーン洗浄包装ライン)設備(医薬用ゴム栓 最終クリーン洗浄包装ライン)
設備(医薬用ゴム栓 最終クリーン洗浄包装ライン)設備(医薬用ゴム栓 最終クリーン洗浄包装ライン)

設備(プラスチック製医療機器 クリーン押出成型ライン)
プラスチック製医療機器の生産は、チューブ押出し成型、Tダイ成型等の原料加工から、高周波ウェルディング、組立、包装、滅菌に至る工程をクリーン化された医療機器専用工場で一貫生産しています。
設備(プラスチック医療機器クリーン押出成型ライン)設備(プラスチック医療機器クリーン押出成型ライン)
設備(プラスチック医療機器クリーン押出成型ライン)設備(プラスチック医療機器クリーン押出成型ライン)

品質管理
GMP基準に沿った各種の社内標準書により製造作業が進められ、各工程での品質チェックと共に作業記録、機械、環境記録により確認されます。またフーリエ変換赤外分光光度計、原子吸光光度計等各種分析機器を備え、微粒子試験、溶出物試験、発熱性物質試験等による品質管理体制を整えております。
品質管理品質管理
品質管理品質管理